読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の(フリーゲーム)感想です

主にフリゲの感想やら

「メイジの転生録」感想

「メイジの転生録」

・ジャンル:RPG

RPGツクール2000

・作者:unbreaktell 様

・DL:<http://www.geocities.jp/vipkohaku2015/entry31.html>

 

(私の中で)やっぱりメイジが熱い!!!!!

 

ということでメイジシリーズ特集第三弾、

「メイジの転生録」についての感想です。

 

フリゲ2016にて2位の作品。そのコメント欄や宣伝ツイートに並ぶ

「† 前 世 覚 醒 せ よ †」という言葉に心惹かれ、

悲劇嘆からまとめてシリーズ三作品をプレイ。

 

 ドハマリしました。そして特集へ‥‥‥

 

今作は現代風ノンフィールドRPGとなっており、前2作とは

若干雰囲気が違うように見えるかもしれません。

が、やはりメイジ。ますますパワーアップしていまいた。

 

まずタイトル画面の文字は「運命転生」「宿命再生」「輪廻解脱」

いいですね。興奮しますね。

OPも気合が違う。ボーカル付きBGMが非常に雰囲気を盛り上げてくれますね。

 

ちなみにOPとEDのBGMがならない不具合があるので

DL先ページにあるパッチは必ずあてようね!

 

 本編開始後もエンターキーを数回叩けばどんじゃか飛び出す

センスあふれる文とスピード感のある展開が

パワーアップしたグラフィック・BGMによる演出と合わさり、

全13章を駆け抜けるようにプレイしてしまいます。

ADVパートとRPGパートのメリハリもよく、

テンポよくプレイできる理由の一つでもあるかと。

 

また、今回の戦闘は雑魚敵ごとに個別の経験値が設定されており、

一定数溜まるとその雑魚敵に対して即死や弱体化などの

効果的な行動ができるようになります。

この効果的な行動は一部のボス戦にも存在し、

ボス敵側も条件がそろうと強力な攻撃を行ってきます。

戦略性が増しましたが、かといって難易度が上がったようには感じない、

個人的にはこれまたちょうどよい塩梅に落ちついているのではないでしょうか。

 

この追加されたシステムが戦闘面での演出を強化しており、

全ての戦闘も物語の一部であると感じることができます。

ノンフィールドなことも相まって、いわゆるダンジョン道中の

中だるみがしにくくなり、前述したテンポのよさ・スピード感に

つながっていくのではないでしょうか。

 

 何よりパワーアップしているのは作者の画力。

これはもうシリーズ一作目からやっていくとよりわかりやすいのですが、

転生録の中でもストーリーの進行とともに成長をとげています。すごい。尊敬する。

 

何度も言ってきましたが、メイジシリーズは

自分でプレイしてこその作品だと思っています。

是非プレイしてから判断してみてください。

できればシリーズ一作目からやっていくとストーリーを追いやすいですし、

何より一人の作者の成長の軌跡をたどれます。

 

フリゲ20162位は伊達じゃなかったぞ!

君も前世覚醒、しよう!