読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の(フリーゲーム)感想です

主にフリゲの感想やら

「メイジの因果録~歪曲因果 逆行運命~」感想

フリゲ感想

「メイジの因果録~歪曲因果 逆行運命~」

・ジャンル:RPG

RPGツクール2000

・作者:unbreaktell 様

・DL:<https://www65.atwiki.jp/mageseries/pages/15.html>

   (↑2つVerがあるのでまとめて掲載されている非公式Wikiより)

 

(私の中で)まだまだメイジが熱い!!!!!

 

ということでメイジシリーズ特集第二弾、

「メイジの因果録~歪曲因果 逆行運命~」についての感想です。

 

フリゲ2016にて中略「メイジの転生録」の前作にあたる作品。

メイジシリーズ2作目で、悲劇嘆と時系列がつながっているので

悲劇嘆→因果録とセットでプレイすることを強く強くおすすめします。

 

「メイジの悲劇嘆」から10年後に製作した作品ということで、

様々な点がパワーアップしており、OPから、いやタイトル画面から興奮します。

「因果歪曲」「運命再奏」「脱却世界」が並んでいるんですよ?

私は興奮しました。

悲劇嘆がセンスの塊なら、因果録はセンスの鉄塊で殴りつけてくるような

ますますパワーあふれる作品となっております。

 

シナリオは燃える熱い展開がおなじみの語句センスでブーストされ、

最後まで引き込まれる内容。

勢いは前作より強めだが説明不足ではなく、

やはりなんだかんだで王道なので理解はしやすいかと。

 

前作は主人公があまり語らないタイプでしたが、

今作はよくしゃべるタイプの主人公なので

感情移入もしやすいかもしれませんね。

主人公以外のキャラクターも今作はセリフ数が多いので、

気に入ったキャラクターを見つけてみましょう。

 

また、今作もゲームバランスがちょうどいい。

高難易度化・バランス崩壊しておらず、

個人差はあるがラスボス前に多少レベル上げが必要かなという程度。

序盤から麻痺や即死を活用できるので楽。

しいて言うなら飛行船操作パートが操作難により若干難しいかもしれない。

 

前回も言いましたが、これも

自分でやってから判断するべき作品だと思うので

悲劇嘆をやって、そして因果録をやってみましょう。

話はそれからだ。

 

別にここまでやって駄目だったらそれはそれでいいんです。

好みは人それぞれですから。

 

でもこの世界観、雰囲気が気に入った人は

次は「メイジの転生録」をやろうね!

因果録までやって転生録をやらないのはもったいないぞ!

 

ということで「メイジの転生録」感想に続きます。